クラフトウィスキー蒸留所がオアフに上陸 オールド・パリロード・ウィスキーをコオラウ蒸留所で

Ko'olau Distillery Old Pali Road Whiskey

(オアフ島、カイルア)-神秘的なハワイの山間、そして美しさを冠して名付けられた、コオラウ蒸留所が、今年12月にオアフの南東部で生産を開始します。
根強いオファーを受けて、オアフ島での市場へ上陸した退役軍人所有のクラフトウィスキー蒸留所が生み出したのが、オールド・パリロード・ウィスキーです。
オアフで唯一の熟成された、アメリカンスタイルのアンバーウイスキーでもあります。
クオラウ山脈の火山岩で十年以上に渡って濾されたハワイの水を使用して、オールド・パリロード・ウィスキーのひとつひとつは作られています。それに加えて地元でとれたトウモロコシを使い、手動で蒸留することにより、独自のバーボン風味が合わさった本格的な5年物のアメリカンウィスキーの味となります。留所のブランドは、アメリカ海軍の退役軍人たちが手がけました。共同創業者のイアン・ブルックス中佐と、エリック・ディル中佐は優秀な軍人キャリアを通じ、ここオアフ島での配属を長年経験しています。
この、ビジネスパートナーとウィスキー愛好家でもある二人が、オアフ南東部に腰を据えた理由として、
「一回南東部で過ごしたら、なんて特別な場所なんだってみんな思いますよ。それだけユニークな人たちが集まるユニークな場所なのです。」、とコオラウ蒸留所の共同創業者の一人のイアン・ブルックス氏は語りました。
「ウィスキーづくりは科学と芸術の粋であり、それを自分で作ることはとても心躍ることです。」オアフ内ではここ以外に木の樽で熟成したウィスキーを作る場所はない、と共同創業者であるエリック・ディル氏は語ります。
最初の一年ほどは、蒸留所での生産はボトル10000本以下の限定生産を計画しています。初回は一回につき樽8つで生産します。(樽1つにつき53ガロンもしくは195リットル、750ミリリットルのボトル267本分)
オールド・パリロード・ウィスキーはレストラン、バー、そしてその他商業施設を通じて島中で販売される見込みです。ハワイ地元民や観光客向けの、蒸留所ツアーや試飲イベントも開催される予定です。
「あなたがハワイの人かそうでないかに関わらず、」、とブルックス氏は語ります。「ただハワイで消費だけするより、ここで私は色々なものを作って、色々なものをハワイにいる人に届けたいです。私たちはハワイを代表するような、質の高いものを生み出し、たくさんの人とシェアしていきたいと考えています。」、と今後の展望を話しました。

コオラウ蒸留所について
コオラウ蒸留所は、ハワイの火山岩で濾された綺麗な水を使用したクラフトウィスキーを、ひとつひとつ手でボトルに詰めています。退役軍人の企業らしく、常に高いスタンダードと敬意、誇りが込められています。
創業者たちがかつて自分の命をアメリカ海軍のために懸けたように、このビジネスも、真摯な想いと情熱が込められています。
ビジネスや蒸留所に関する意見や感想を、ぜひウェブサイトや電話、emailまでお聞かせください。
Phone (808) 225-3457; info@koolaudistillery.com. ウェブは koolaudistillery.com. (英語)まで。

お問い合わせ:
Erika Engle
Food Gurus Hawai‘i
erika@foodgurushawaii.com
(808) 946-4525

 

# # #